GMOコマース株式会社

GMOチェックインSDK利用規約
GMOコマース株式会社(以下「甲」という。)と、当社(以下「乙」という。)とは、甲及び乙が相互に開示する情報の取扱いについて、以下のとおり、GMOチェックインSDK利用規約(以下「本規約」という。)を定める。

第1条(目的)

本規約は、甲が「GMOチェックイン」の名称で運用するサービスの利用を希望する者の開拓等の業務を、甲が乙に対して委託することの可否及び当該委託の条件を甲及び乙が検討すること(以下「本件検討」という。)に関して、甲及び乙が相手方に開示する秘密情報(第2条において定義される。)の取扱いに係る条件を明らかにすることを目的とする。

第2条(秘密情報)

本規約において「秘密情報」とは、口頭・書面その他の開示手段・媒体を問わず、甲及び乙が相手方に対して開示又は提供する業務上、技術上の一切の秘密または秘密とされるデータ及び情報(販売計画、事業計画、製品サンプル、ノウハウを含むが、これらに限られない。)をいう。

第3条(秘密保持)

第4条(目的外利用の禁止)

甲及び乙は、秘密情報を、本件検討に必要となる場合を除いて、方法及び態様の如何を問わず使用(複製、複写、翻案を含むがこれらに限られない。)してはならない。

第5条(権利の帰属)

第6条(禁止事項)

第7条(秘密情報の返還等)

甲及び乙は、本規約が理由の如何を問わず終了した場合、相手方から請求された場合、又は秘密情報を保持する必要がなくなった場合には、秘密情報(それらの複製物を含む。)を直ちに相手方に返還するものとし、又は相手方の指示に従って消去又は廃棄するものとする。

第8条(補償等)

甲及び乙は、故意又は過失によって本規約に違反した場合は、当該違反に起因して相手方に現実に発生した通常の損害、損失、費用、支出(併せて以下「損害等」という。)を補償するものとする。

第9条(反社会的勢力の排除)

第10条(有効期間及び規約終了後の効力)

第11条(協議)

本規約に規定のない事項、又は本規約の各条項の解釈について疑義が生じた事項については、甲乙協議の上、解決するものとする。

第12条(裁判管轄)

本規約に関連し又は起因する一切の紛争の解決については、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

(附則)
2015年3月27日施行